フィリピンの金採掘で働く子ども

昨日、中学1年生の男子は、理科の物質によって異なる密度の学習をしていました。


いろんな物質が出てきていましたが、その中に水銀がありました。


水銀について危険な有毒な物質だということを、説明していると、


「なんか子どもやのに、金を取るために水銀を使って、えらい危険な作業をして働いているとか…… 外国で」


ときちんとした文章にはならないような、不十分な情報を教えてくれました。


ひっかかったので、すぐに調べてみました。


2015年9月の記事としてありました。


フィリピン:手掘り金採掘で死の危険に直面する子どもたち



フィリピンの子ども 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾



大人でも溺死、潜水病、細菌性皮膚感染症などのリスクに晒される、コンプレッサー採掘と呼ばれる金採掘を水中でしている9歳から17歳の少年がいます。


彼らは家族の為に学校にも行かずに働いています。


また、子どもたちは、金の鉱石に素手で水銀を混ぜ、アマルガム(合金)を作り、これを燃やして金を抽出する。燃やすとき、有毒な水銀蒸気を吸うことになるそうです。



これは、テレビでも紹介されていたそうです。


Youtube にもありました。

でも、2年前の話なので、現在では、状況はよくなっているのではないだろうかと、あれこれ検索しましたが、まるでわかりませんでした。




日本の子どもたちは命を危険にさらしてお金を稼がなければならないことは、まずないと思います。



日本で暮らす子どもがどれだけ恵まれているのか、学校に行けて勉強できるというのは、とってもラッキーなんだということを、しっかり認識し、アジアの大変な状況に置かれている子どもたちを助けられたらと考えてくれたらなと思います。


勿論、私も考えます。



======================================================
10/4のランキングは


学校・教育 327位 (昨日:456位) / 13809人中
塾・予備校 36位 (昨日:51位) / 1257人中


京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

小西先生

Author:小西先生
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
29位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter