FC2ブログ

「質問者は韜晦を試みる答弁の矛盾撞着を論い嵩に懸かって訊責した」の意味

質問者は韜晦を試みる答弁の矛盾撞着を論い嵩に懸かって訊責した


という文章の読みは

「しつもんしゃは とうかいを こころみる とうべんの むじゅんどうちゃくを あげつらい かさにかかって じんせきした」


ですが、意味を書いていませんでした。


意味は、

質問者は、本心を隠そうとする言いひらきの つじつまが合わなかったり、前後関係がおかしいところを 取り上げて言い立てて優位な立場に立って、きびしく問いただした。


という意味です。

それぞれの熟語の意味は

韜晦(とうかい)
    自分の才能・地位などをつつみかくすこと。形跡をくらましかくすこと。

撞着(どうちゃく)
    つじつまが合わないこと。矛盾。

論う(あげつらう)
    物事の善悪・可否などをあれこれと議論する。些細な点を取り立てて批判する。

嵩に懸かる(かさにかかる)
    ①勢いにのって攻めかかる。②優位な立場を利用して高圧的な態度をとる。


訊責する(じんせきする)
    きびしく問いただす



となります。

意味は、広辞苑、明鏡国語辞典を使って調べました。「訊責する」だけは、辞書にもネットにもありませんでしたので、それぞれの漢字の意味から、推察できる意味を書きました。


国語、難しいですね。これは、「漢検準一級」の問題集にあった例文(問題文)です。

普段の会話ではほとんど使わない日本語ですね。^^;




======================================================

5/18のランキングは


学校・教育 218位 (昨日:452位) / 18608人中
塾・予備校 24位 (昨日:54位) / 1643人中




京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
53位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter