FC2ブログ

先生って英語ぺらぺら?

ピコの英語の生徒に

「先生って英語 ぺらぺら?」


と尋ねられました。



「ぺらぺらかどうか、わからんけど、言いたいことは何でも言えるで」


と答えておきました。


日本語でも、言葉に詰まることはありますが、英語も何と表現すればいいか、考えてから話すこともあるし、すらすらと言いたいことが言えるときと、そうでもないことがあります。


今日、大リーガーの記者会見での城島を英語をテレビで見ました。

あれをぺらぺら、と表現するのなら、私もぺらぺらです。


自分が一方的に話したいことを話すときは、話しやすいですが、意表をつかれた質問をされると、答えに窮する、まあ、日本語でも同じですね。



以前は、英語でペーパーバックを読んでいる人を見て、すごい! と驚きましたが、今は、自分では当たり前にペーパーバック(100冊は読んでいます)や新聞、雑誌、ネットの記事を読んでいるので、全くすごいことなどとは思いません。


だからって、読めない人はダメだと思っているわけでもありません。


自分ができるようになると、英語を読めることが、「すごい」というほどではないように思えなくなるんです。



You tube の動画も字幕なしで見ていることも多いです。でも、この場合、完全に理解しているわけではありません。

ほぼ、わかる、というような感じです。巻き戻せるので、よっぽどわからなくて、はっきり知りたいときは何度もリピートします。



以前、映画「カサブランカ」の名セリフ「君の瞳に乾杯」のもともとの英語の台詞は、日本語の訳みたいに「ハッ」とするような言葉ではないとここに書きました。


その英語

「Look at you, kid!」

です。(実際は Here's looking at you, kid だそうです。すみません、間違っていたようです)


を友人たちの前で発音したら、誰も聞き取れなかったんです。

これ、驚きました。どれも難しい英語はないのに……

私の息子は英語耳なんで、聞き取れました。


kid の「d」は「ど」とは発音しません。ほとんど息みたいな発音なんです。


昔、英語でテレビを見始めた頃、「d 」や「t」がほぼ無音だということに気づきました。

それまで、「ど」とか「と」と思い込んでいたので、英語を聞き取れていても、それに当てはまる単語が思いつけなかったんです。


d や t で終わる単語はほぼ無音です。(実際は無音ではないんですが……)



と、私の英語を聞き取れない人がいいる、でも、ゆっくり繰り返し言えば、徐々に聞き取ってもらえました。


というのことは、ぺらぺら というカテゴリーに入るのかもしれません。私の会話力。


上の息子が高校だか中学だかの英語の先生が

「Did you~」を ディド ユゥー と区切って発音すると驚いていました。


かたかなで書くと、ディッジューみたいに二つの単語は続けて発音します。


そのような発音の仕方、サンキューもそうですね。誰も日本人でも サンク ユーとは言いません。


でも、サンキュー以外の続けた発音はほとんど浸透していません。


というようなことを考えて、私自身はぺらぺらとは思っていないのですが、ぺらぺら、なのかもしれません。



「先生って英語 ぺらぺら?」

と尋ねられたら、今度は

「そうやで~」

と答えようかな?^^;


鉛筆

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
28位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter