FC2ブログ

鶯(ウグイス)色って緑じゃないの?

今月、山歩きをすると必ず、鶯のホーホケキョという鳴き声が聞こえてきました。


2月26日に北野天満宮に梅を見に行った時、梅の木に留まって花の蜜を吸っていた緑色の鳥を指さし、私は


「あ! 鶯(うぐいす)やぁ!」


と嬉しいそうに声を張り上げて言いました。


すると、近くにいたご婦人が、


「あれは、目の周りが白いからメジロやで」



とたしなめるように私の言ったことを訂正されました。^^;



「でも、鶯色って緑のはずやし、鶯も緑なんやと思うけど……」


とごにょごにょ私は負け惜しみを言いました。


そのときの動画↓






料理学校へ通っていた頃、ウグイスあんとして、エンドウ豆で作った緑色のあんこのことだと習いました。だから、鶯というのは、緑なのだと、そのときからずっと思い込んできました。


そのまま、きちんと調べずに、今まで過ごしていましたが、何度も山へ行って、鶯の鳴き声を聞いても姿を見たことはまだ一度もありません。


徐々に、鶯って一体、どんな姿をしているのだろうと疑問が膨らんできました。



で、調べてみました。



ウィキペディアに

メジロとの混同」という項目がありました。以下引用


梅にメジロ
日本では、ウグイスとメジロは混同されることがよくある。いわゆる梅にウグイスという取り合わせが花札をはじめ、よく見かけられるが、実際には梅(沖縄では緋寒桜)の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べるウグイスはそのような姿で見かけられることは少ない。「ウグイス色」というとメジロの体色のような鮮やかな色を連想する人も多いが、JIS慣用色名に定められているウグイス色は茶と黒のまざったような緑色をしている。この色を鶯茶(うぐいすちゃ)ともいう。実際のウグイスの体色は茶褐色であり、JISのウグイス色は、ウグイスの羽を忠実に取材した色である。メジロ#ウグイスとの混同も参照。

鶯色はこのような色である。




      鶯色


===============================


だそうです。

鶯色は緑というより金色に近いような緑っぽい色なんですね。渋い緑茶のようというか……

そして、


鶯はこんな姿です。^^


鶯 ウグイス 常伸スクール 京都市南区



確かに緑というよりは、渋緑というか茶色っぽいというような色ですね。



すごく長年に渡り、鶯色を誤解していましたが、ここではっきりわかりました。^^



======================================================

4/27のランキングは


学校・教育 181位 (昨日:160位) / 13190人中
塾・予備校 16位 (昨日:16位) / 1183人中

2日連続16位! やった!


京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
17位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter