FC2ブログ

12の倍数の覚え方

私が幼い頃、8歳年上の叔母によく遊んでもらいました。


叔母に


「西向く士(にしむくさむらい)」

という言葉を教えてもらいました。

2月4月6月9月11月(に・し・む・く・十一を縦に書くと士)が31日ない月だと。


干支も教えてもらいました。


干支が12あること、自分の干支が来るのは12歳のとき、24歳、36歳、48歳、60歳…… と12年ごと。


そういうので、12の倍数は72までは計算しなくても小学生のときに覚えました。


祖父母が還暦のときそれぞれお祝いをしたので、くっきりと60は12の倍数だということが頭に刻まれたのは、私が小学5年生のときの祖父の還暦祝いのときだったと思います。



そういう生活風習というか慣習というようなものが、いろんな知恵につながるものだと思います。



1世紀は100年。

半世紀は50年。


四半世紀は25年、ということから、

25×4= 100

25×2=50


50×2=100

なんていうことは、計算しなくても知っていたのは、小学生のときだったかどうか? 記憶にはありませんが、それを知っていたからなんぼのもん? という意見もあるでしょうが、何か知識が増えたら、それを応用していくといいと思います。


知識はそれだけのことにしか使えないのではなく、多くの場合、いろんなものにあてはまったり、利用できたりします。


勉強につなげられることばかりではないかもしれないけれど、どんな知識でも深めると、いろんなことにつながっていくと思います。





同じ干支の人であったら、すぐに何歳年上なのか年下なのか、計算しなくてもわかる方が便利ですよね?





スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
28位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter