FC2ブログ

おかしいと思うことは 黙っててはいけない

私が学生だった頃やOL時代、一気飲みというのは、当たり前にありました。


でも、そのせいで急性アルコール中毒になったり、下手すると亡くなったりする人が出てきて、一気飲みはしてはいけないという風潮が徐々に広がり、お店で一気飲みを禁止したり、京都市では、2008年に条例(他者への酒類強要防止に関する条例』)ができました。


他の地域ではどうなのかわかりませんが、昔は居酒屋では、


「イッキ」「イッキ」と拍手しながらはやし立てて、お酒を一気に飲ませるという光景がよく見られました。出ラマや映画の1シーンにもありました。


でも、ここ10年くらいはそういうものを見ないような気がします。


一気飲みは下火になりましたが、そうなるまでに、辛い思いをした人も亡くなった人もいます。


「このやり方、おかしいんじゃないか?」と思ったら、それに従わない、反対する勇気が必要だと思います。


中々、上級生や会社の上司から指示されたら、断れないだろうとは思いますが、命に係わるようなこと(過労死なんかもですね)につながる可能性があることは、きっぱり断るようにしないと、自分だけではなく、他の人もみんな迷惑を受け続けることになりかねないだろうと思います。




一生懸命働いて、というのは大切な尊いことです。



仕事が好きでたまらなくって、ついつい長い時間働いちゃった! というのは、OK だと思いますが、食事もろくろくとらず、睡眠もそこそこに健康を害するような働き方はダメです。



東洋経済でフランス人のお店のことが書かれていました。


フランス人は「お客様は神様」だとはちっとも思っていないらしいです。


そのサービスのなさは、ちょっとどうかとも思いますが、日本のサービスが年々過剰になってきているのもどうかと思います。


昔は正月三が日、開いている店はありませんでした。

今は、コンビニ、百貨店、スーパーも早くから店を開きます。


つまり、お正月早々、働いている日本人が増えたってことです。



正月三が日は、買い物ができないから、その為に買い置きしたり、お煮しめを作ったりというのが、今では、元旦からでも、買い物に行ける……


便利だけれど、その便利さの代償に誰かの犠牲があるんです。



お正月だろうが休みだろうが、電車もバスも動いているし、病院や警察、消防署などで働いてくださっている人たちも昔からいました。


そういう人たちには感謝していますが、そういう人以外、そのときぐらいは、仕事を休んでゆっくり正月を楽しんでもいいのではと思います。





一気飲みの参考サイト:イッキ飲み禁止条例/ イッキ飲み・アルハラ防止のページ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
34位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter