FC2ブログ

来年も羽ばたく

今日で常伸スクールの今年の授業は終わりです。


来年は1月4日から始まります。6日の水曜は冬期講習と通い放題の生徒だけあります。


年末年始、塾はお休みでも家庭学習はしっかりしてください。学校の冬休みの宿題は早めにすましておきましょう。



今年、宮尾登美子の「朱夏」という小説を読みました。
これは、昭和20年、終戦間際に満州に渡った家族が日本に帰ってくるまでの1年半の記録です。著者の実際の体験をもとに書かれてます。


水は紅茶みたいに赤くて、生では飲めない、風呂には入らない、洗濯もままならないような土地です。敗戦後は命の保証もない難民生活。


そういう内容の小説を読み、現代の普段の生活がいかに恵まれているかをつくづく感じました。



そして、気づいたのが、


人って不幸には敏感なのに、幸福には鈍感だ


ということです。


毎日、ふんだんに透明な水を使える生活がなくなって初めて、どれほどそういうことが恵まれていたかがわかるという感じで、何かを失って、やっとそれまでの幸運や、どれだけ快適だったかということを気づくことが多いのだとわかりました。

健康を失ってから、健康の大切さに気付くとか……



失う前に、今の幸せを毎日、感じ、感謝しなきゃ損だなと思いました。


どういうわけか、マイナスの感情、例えば、怒り、悲しみ、不安などは長引きます。中々、消えてなくなりません。

ところが、喜びや楽しさなどのプラスの感情は持続せず、じきに消えてしまいます。


けれど、感情は自分でコントロールできるはずです。

負の感情は、長引いてもしんどいだけです。どんどん切り替えて消してしまいましょう!


プラスの感情ややる気なんかも自分でコントロールできるはず! できるだけ長引かせてみましょう。


来年も大きく羽ばたけるように!




鳥 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾
写真はこちらからお借りしました
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
34位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter