FC2ブログ

算数パズル

ジグゾーパズルやテトリスなどは好きだけれど、図形を立体的に考えたり、空間、平面図形を視覚的に頭の中で考えるのがどちらかと言えば苦手な私。

たとえば、道を電話で説明されたら、道や目印を図にしてメモするのではなく、文章でメモしていることが多い。

図形問題は証明や体積、面積を出す計算などは、苦手ではなかったが、対頂角や錯角などから、指示された場所の角度を求めるのには四苦八苦することが多い。


さて、そんな私が、最近、東京都北区滝野川第四小学校のホームページに紹介されている小学生向けの問題に出会い、はまっている。
かずで遊ぼう」や「かたちで遊ぼう」のコーナーだ。

「かずで遊ぼう」には、

0×9+1
1×9+2
12×9+3
123×9+4
1234×9+5
12345×9+6



これは、答が、 1, 11, 111, 1111,11111
となる計算。

こういう「へえ~ 面白い!」というものがいっぱいある。

また「かたちで遊ぼう」
では、

タングラムが紹介されていた。
タングラムはご存じだろうか?

タングラム 京都市南区 個別指導学習塾 常伸スクール」

このような正方形を七つの形に切ったもので、いろいろに組み合わせることで、さまざまな形を描くことができるパズルだ。


こういうのを知れば知るほど、興味がわき、昨日、右京中央図書館で
「算数パズル事典」を借りた。

算数パズル事典

すると、この中に、タングラムは中国で宋の時代に発明されたという記事が載っていた。
「七巧(こう)図」と呼ばれているそうだ。

ネットで無料でタングラムを遊べるサイトもある。
http://music.freespace.jp/yoshi216/tangram-top.htm


小川洋子の「博士が愛した数式」を読んだ時も、俄然、数字、数学に興味を覚えたが、具体的に何かをやろうとはしなかった。

今回のマイブームは、もっと連鎖的に次々にいろいろと新しい算数パズルに興味がわき、発展しそう。


子どもたちもそうやって、興味を持った分野を自分なりに深めたり広げたりしていってほしい。
京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
28位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter