FC2ブログ

お母さん、お父さん、子どもと「しりとり」をしましょう

私が子どものころ、電車に乗ってるときや車で長時間、どこかへ出かけるときは、たいてい親子きょうだいで「しりとり」をしていました。


そして、私が子どもを育てるときもやはり、子どもと一緒に「しりとり」をよくしました。

「しりとり」は何も道具はいらないし、誰でも簡単にできる遊びです。


「ん」で終わる言葉は使えないという共通のルール以外、私は「名詞」だけを使うことにしていました。


だから、子どもが「寒い」とか「大きい」なんて言うと

「それは形容詞やから、あかん。名詞を言いなさい」

と注意していました。


幼稚園に行くか行かないかの時期からやっていましたので、自然に名詞は何か、形容詞とは、動詞とはと区別がついていたと思います。


言葉に敏感になり、物や動物の名前だけでなく、抽象名詞、例えば「威嚇」(いかく)という言葉をまだ幼稚園児だった息子が「しりとり」で言ったときには、驚きました。


テレビでアニメを見たり、漫画を読むときにも、言葉自体に注意を払うようになっていたのではないかと思います。


本を読まない子が増えています。
算数の文章題ができない子も多いです。
国語の成績が思わしくない子もたくさんいます。


車に長時間、乗ってどこかへ出かけるとき、子どもは子どもだけでゲーム機で遊んでいる家庭が多いかもしれません。


「しりとり」は運転している人もできるし、なかなか楽しいゲームです。


電車に1時間以上乗るときは、「全部覚えるしりとり」が楽しいです。


「りんご」→「りんご、ごりら」→「りんご、ごりら、らくだ」→「りんご、ごりら、らくだ、ダンス」→「りんご、ごりら、らくだ、ダンス、水泳」


というように、どんどん言葉をつなげていきます。


子どもは親と一緒に遊べるのがとても嬉しいです。(中学生以上になると、変わるかもしれませんが)

「しりとり」なら、普段、ご飯の用意をしたり、食器を洗っているときでさえ、一緒に遊べます。


ぜひ、お子さんと家族でルールを作って、「しりとり」をやり、子どもたちが言葉に関心をもつようにしてみてください。


何で始まる言葉が少ないかがわかったら、普段でも、それで始まる言葉と出会ったら、「あ、これ覚えておこう!」と私自身も思っていました。



親子で「しりとり」、やりましょう♪^^


======================================================

今日のランキングは



小西先生さんのランキング

学校・教育 837位 (昨日:1005位) / 14467人中
塾・予備校 89位 (昨日:102位) / 1286人中




京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
53位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter