日本銀行金融研究所貨幣博物館


中学の歴史の教科書で、江戸時代の小判の重さと質の変化という写真が載っている。
慶長小判、元禄小判、天保小判、万延小判の四種類小判の写真。
その四種類の小判は
日本銀行金融研究所貨幣博物館 
の所蔵と(  )で括られた説明が付け加えられていた。


貨幣博物館というところがあるのを初めて知った。

造幣局には、何やらそういうのがあるように聞いていた気がするけれど、こっちの方が面白そうだ。

入館無料で見学できる。東京だから遠いけれど、行ってみたい。

ホームページの説明を引用すると

貨幣博物館の所蔵資料の中核となっているのは、明治末期からの古貨幣収集家・研究家であった田中啓文(たなか・けいぶん)氏が収集した銭幣館コレクションです。田中啓文氏は、わが国の古代から近代にいたる貨幣だけでなく、中国を中心とする東アジアの貨幣や、貨幣に関するさまざまな資料を収集していました。この収集資料が展示・保管されていた博物館が銭幣館(せんぺいかん)で、戦局が悪化した1944(昭和19)年、戦火による喪失を避けるため、収集資料は日本銀行に寄贈されました。

 貨幣博物館は、これらの資料をより広く公開するため、日本銀行創立100周年(1982<昭和57>年)を記念して1985(昭和60)年11月に開館しました。



なのだそうだ。

ホームページを見ただけでも、お金の歴史など、古代からのを写真つきで説明されていて面白い。



東京に行く機会があったら、行ってみよう。入場は無料だそうだ。京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校

日本の紙幣に描かれた肖像の資料があった

和気清麻呂や藤原鎌足、菅原道真などが描かれていた。全く知らなかった(私が無知なだけですが)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

初めまして。

神功皇后だけは知ってました。

後は日本神話が教えられなくなったため知られなくなったのでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

戦後、GHQの指導などで神話を教えられなくなったためなんでしょうね。

私としては日本の神話を、もう少し、習うようにしてもらいたいです。
プロフィール

小西先生

Author:小西先生
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
16位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter