FC2ブログ

give 物 to 人 なのに buy 物 for  人 になる理由。

例えば、

I give you an apple.

を 書き換えて

I give an apple to you.

にできます。


ところが、

I buy you an apple.



「to 」は使えず

I buy an apple for you.


と「 for 」を使います。


これは、どうしてなのか、シカゴにいる友達にも質問して、自分でもあれこれ調べて、ネットの記事を読んだりして、やっとすっきりわかりました。


私がすごくわかったのは、ここの記事


give と同様、「 動詞 + 人 + 物 」 を 「動詞 + 物 + to + 人」に書き換えられる動詞には


show, teach, sell, pay, lend, hand, pass, tell, send, write(手紙などを書き送る), offer などなどがあります。



ほかにもありますが、なじみがあるようなものを選びました。


これらは、すべて相手がないと成立しない言葉です。


I give 私は与える。だけでは終わりません。誰に何をが必要です。同様に上記の動詞もそうです。show にしても見せる相手と見せるものが必要です。


でも、buy は、モノだけで通用します。


I buy an apple だけで相手がなくても文章として通ります。

I give an apple では、文章として成り立たないのと違います。



そういうbuy のような動詞には

make, get choose, find, sing, cook などがあります。ものさえあれば、誰にというのは、必要なく文章が成立します。



そういう動詞のときは、「 to  」ではなく、「 for 」を人の前に使います。




どちらの動詞も、「 動詞 + 人 + 物 」 の形はとれます。


I give you an apple.

I buy you an apple.


でも書き換えるときは、


I give an apple to you.

I buy an apple for you.


となります。



やっとこの違いがはっきりわかりました!



スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: to と for

nonちゃん、

私もどうしてなのかと思いながら、ちゃんとは調べずに、辞書にも載っていないので、あやふやのもままでしたが、やっとくっきりわかりました!
プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
42位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter