FC2ブログ

甲乙丙丁……

昔の成績表は「甲乙丙丁(こうおつへいてい)」を使って、評価されていたと聞いたことがあります。


でも、「甲乙丙丁」の後は知りませんでした。


これは、「十干(じゅっかん)」の一部なんだと今日、知りました。


干支にこの「甲乙丙丁」とかがついているというのは、知っていましたし、漢検の問題にもありました。


でも、その内容は全然、わかっていませんでした。自分のメモの意味でもここに書いておきます。




甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸


とあり、読み方は


甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)


です。



干支は十二支(じゅうにし)といいますよね?


この十干と十二支を組み合わせて、10と12の最小公倍数の60を単位として再びもとにもどるようになっています。


その60年を1元というのだそうです。


ということで、干支と十干の組み合わせは60種類あるので、中々、覚えられませんが、少しずつでも覚えていこうと思います


例えば一番最初は、「甲」と「子(ね)」で「甲子」になります。


これ、読み方わかる人、どれくらいいるのかな?


読み方は「きのえね」です。次が、「乙」と「丑(うし)」を組み合わせた「乙丑」で、「きのとうし」と読むのだそうです。



十二支キティ 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾


写真は十二支のキティちゃんです。


今年は、いのしし年ですね。
十干と合わせたものは


己亥(つちのと・い) と言います。

何番目かわかりますか?


「己」が6番目で、亥が12番目なので、36番目です。ん? どうやって、求めればいいのか? 


少し考えましたが、わからないので、塾長に質問したら、方法を考えてくれました!


前述の今年の「己亥」


亥(いのしし)が12番目、次に回ってくるのが、24年後、36年後、48年後、60年後となります。


それぞれから10の倍数を引きます。すると

12-10=2

24-20=4

36-30=6

48-40=8

60-60=0


答のところが十干での順番になります。というので答が6のところの36。


「己亥」は60番中の36番目ということになります!


なんだか、これがわかって、ちょっと60種類を覚えられそうな気になってきました♪
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
28位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter