FC2ブログ

春分の日の北極と南極の太陽

以前、このことについて書いたと思ったのですが、ページが見当たらないので、忘備録的に書いておきます。


春分の日と秋分の日は昼と夜の時間が同じと私たちは思っています。


では、北極や南極はどうなのか?


そう疑問に思ったのが私だったのか、生徒だったのか、思い出せませんが、もう何年か前に調べました。


そして、春分の日も秋分の日もどちらも北極、南極では、太陽が半分ずつずっと出続けていることがわかりました。


地平線に半分出たままでぐるりと回るのだそうです。


以下引用(北極と南極で同時に太陽が見える春分の日より)



春分の日と秋分の日に北極点と南極点で太陽は同時に水平線や地平線に半分ずつ顔を出しますが、太陽の動く方向は反対です。

北極での動きは東→南→西→北ですが、南極では私たち日本人には神秘的と思える西→南→東→北と地平線すれすれに逆の方向に進みます。

-----------------------------------------

なんだか不思議な感じですね。


そして、以下引用


春分の日を過ぎると北極点では次第に夜がなくなり半年間は昼間が続き、一方の南極点では次第に暗くなり、夜のみという日々が半年間続きます



---------------------------------

となります。


ずっと夕日みたいな太陽が出てるってことですね。引用したブログのスクショです。


北極と南極で同時に太陽が見える春分の日 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾



夕日や朝焼けが好きでも、一日中では、あんまり嬉しくないような気がします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
30位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter