FC2ブログ

先生、なんで(英語)読めんの?

この間、「ザ・シンプソンズ」のホーマーの「ドゥッ」というセリフ(?)が辞書に載っているという記事を書いていたときのことです。
記事はここ


英語のウィキペディアを私が見ていました。ここ


これ↓

d'oh のWiki 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾



そしたら、


小学6年生の女子が


「読めんの?」

と聞いてきました。

「読めるよ」



と答えると


「なんで(英語が)読めるの?」


と全く理解不能のように目を大きく見開いて、私を見つめました。


「そら、読めるよ」


とこれを見せました。↓

grammer in use 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾



中身はこんなのです。

grammer page 常伸スクール 京都市南区 個別指導学習塾



勉強した日付がメモされています。 



May 8 '97



1997年の5月8日 です。



小学6年生、12歳の彼女が生まれる前から、私は英語を英語で勉強しています。


真剣に英語を勉強しだしたのは、1993年だったと思います。



全て辞書なしというのは、辛いですが、辞書なしでも理解はできます。




自分が英語をできることと、英語を教えることは、違うとは思いますが、自分の英語の能力をのばさず、人に教えるというのは、私の性格には合いません。



英語が専門なんだから、読めて当たり前なんです。




でも、私が英語を読めると生徒は思っていないんですね。不思議なことに。

話せても読めないとか思ってるのかな?



小学6年生の彼女は納得したのか、しなかったのか、もうそれ以上は何も聞いてきませんでした。




かなり昔、英語で小説を読んでいる人たちと出会ったとき、私はすごく驚きました。でも、今、自分が英語で小説でも新聞でも読めるようになると、それは、そんなにすごい事でもなんでもないって思うようになりました。


不思議なものですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

教室長

Author:教室長
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
59位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter