風邪は なぜ「引く」なのか

鼻はなぜ「かむ」というのか昨日、書きました。


すると、「風邪はひく というのも なんででしょう?」という疑問を投げかけられました。



確かに。

「風邪になる」「風邪にかかる」

とも言いますが、風邪以外で


「インフルエンザを引く」とか「肺炎を引く」とか他の病気では、「引く」は使いませんね。



調べました。


鼻をかむ と同じく、「かぜを ひく」 という言い方は平安時代からだそうです。


宇津保物語に

「かぜひき給てん」とてさわぎ、伏せたてまつり給う


というのがあるそうです。



でも、風邪という書き方で「かぜ」と読むのは明治からだそうです。

それ以前は
「風邪」と書いて「ふうじゃ」」と読んでいたそうです。



かぜの語源は日本語源大辞典(小学館)によれば、吹く風と同じだそうです。

古代中国で風邪は大気の動きであるとともに、人の肉体になんらかの影響を与える原因としても考えられていたのだそうです。

このことから風が吹いて運んでくる「邪気」を体の中に引き込んでしまうと、「かぜ」という病になると考えれていたのだそうです。


だから、「かぜをひく」と言うのだそうです。


参考+引用サイト:インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」?



また、「風」という漢字のつく病名が日本には多いんだそうです。


たとえば、破傷風、風疹、痛風、中風……

風が病気を運んでくるという印象なんでしょうか?



英語で風邪を引くは


catch a cold

です。


でもインフルエンザも

catch a flu

と言います。

他の病気にもcatch は使えます。


風邪だけ特別扱いの動詞は日本語以外にもあるのかな……?



======================================================
11/13のランキングは


学校・教育 207位 (昨日:517位) / 16316人中
塾・予備校 20位 (昨日:55位) / 1476人中



京都市南区 個別指導学習塾常伸スクール 高校受験 中学受験 自立学習を促す指導 唐橋小学校 吉祥院小学校 八条中学校 洛南中学校 上鳥羽小学校




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

小西先生

Author:小西先生
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
29位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter