鼻をかむの「かむ」とは?

以前に「正しい鼻のかみ方」を書いたのですが、それについて内容ではなく、


鼻をかむの「かむ」とはどうして、かむというのかという質問を頂きました。



確かに、かむって妙ですよね。


漢字ではてへん に 鼻と書いて 擤む なんだそうです。



検索してみると、「鼻をかむ」という表現は平安時代から使われているとか。でも、なぜそうなのかは、定かではないような。



ただ、かむと言う言葉は「かみ」という言葉が変化したものと考えると、かみとは「上」つまり上のことなので、何かの上に覆いかぶさる様子を表す動詞だという説明があり、それかな、という気がしました。ここ



上の事を「かみ」、目上のことを「かみ」と言うので、「神」、目より上にある「髪」…… でも「紙」は?


英語で鼻をかむは


blow (your) nose

です。

鼻を吹く

ですね。

息を吹いて鼻腔にあるもを取り除くことですもんね。



でも、日本語では鼻を吹くなんて、言う人誰もいませんし、やっぱ「かむ」じゃないと感じがでないですね。



鼻を使った慣用句は

鼻が利く
鼻が高い
鼻が曲がる
鼻突き合わせる
鼻であしらう
鼻で笑う
鼻にかける
鼻に付く
鼻を明かす
鼻を折る
鼻を鳴らす
鼻持ちならない
鼻息が荒い
鼻歌
鼻薬をかがせる
鼻白む
鼻血も出ない
鼻っ柱が強い
鼻つまみ
鼻づまり
鼻の差
鼻の先
鼻の下が長い
鼻の下を伸ばす
鼻ぺちゃ


他にもいろいろありましたが、なじみあるものだけ載せてみました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

小西先生

Author:小西先生
京都市南区唐橋、九条通御前を少し東に行った南側にある個別指導学習塾常伸スクールの「京都松陰塾」の教室長です。
ショウイン認定校で、2012年6月オープンしました。
英検準一級、TOEIC 885点  漢熟検二級 初級教育コーチ養成講座 知識編修了 STEPリーダー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
29位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
常伸スクール塾長のTwitter